去年自己破産をすることに成功しました

事業に失敗してしまい、残ったのは借金と売りたくても買い手が見つからないレトルト食品の在庫の山、そんな状況に嫌気がさして一時は夜逃げすることに考えていました。

 

しかしまだ幼い子供を残して父親が蒸発するなど許されることでは無いと思い留まり、せめて子供に借金苦を背負わせないようにと自己破産を目指す方向で調整を開始し、時間はかかりましたが去年何とか自己破産が叶いました。

 

弁護士の方に間に入ってもらったものの、中々に条件がシビアだったので自己破産が成功したときには本当に安心できたことを記憶していますし、朝起きてから夜眠るまでずっとお金のことで悩む生活から解放されたことが非常に嬉しかったです。

 

資産が残っている家庭や経営者は債務整理は出来ても自己破産は難しいというのが実際のところです。ただ弁護士や司法書士、行政書士などといった法律の専門家の力を借りれば借金問題の解決能力に乏しい方でも自己破産成立までのサポートが受けられるようになっていますので、無理に一人で自己破産を目指さず多少お金がかかっても法律家を頼ることを体験談からおすすめします。

 

法テラスに行けば無料で自己破産に強い弁護士を紹介してもらえるので合わせて利用を推奨します。

自己破産で借金が綺麗になくなった

事業に失敗をして来る日も来る日も、借金の取り立てに嫌気が差していました。借りた自分が悪いわけですが、無い袖を振ることはできませんし収入のあてもないので、ただただ耐え忍ぶしかなかったのです。

 

そのような状況にもかかわらず、なぜ債務整理をすぐにしなかったのか不思議なのですが、結局債務整理に対する知識の無さから何もできずに毎日を過ごしている状況でした。いつまでこのような状況が続くのだろうかと思っていた時に、友人から弁護士を紹介されて債務整理のことについて詳しく教えてもらうことができました。

 

そして、自己破産というのは世間の人が思っているほどに悪いことではなく、人生をやり直すための方法の一つだとアドバイスをもらったのです。すでにまともな生活を営むことは不可能でしたし、ここから状況が改善する見込みもないと思ったので自己破産をしてみることにしました。こんなことで本当に借金がなくなるのだろうかと思ったのですが、自己破産の手続きを始めてからは取り立てもやみ久しぶりにゆっくり寝ることができるようになったのです。

 

更に借金も綺麗になくなり、話を聞いていたとおりに人生のやり直しをすることができるようになりました。

多額の借金をしました

大学の頃に学校に通うため、奨学金制度を利用して借金をしました。社会人になればすぐに返せると考えていましたが、大学を留年してしまい、なかなか卒業することが出来ずに借金の返済が出来ませんでした。それからなんとか卒業することは出来ましたが、新卒でも年齢が違うので、面接に落ちてしまう事が多く、良い会社に就職することが出来ずに中小企業に入社しました。

 

給料が予想以上に少なかったので、奨学金を返済する為にまた別に借金をしてしまうという自転車操業になってしまったのです。そこから借金は大きく膨らんでしまい、最終的には借りた金額の倍以上になってしまいました。ここまで来るとどうする事も出来ないので、親に話をしましたが、親もそこまでの金額を出すことは難しいと断られてしまい、途方に暮れました。

 

そんな時に同窓会の知らせがあり、同窓会に行くと自分より成功した同級生が沢山来ていて辛かったです。お酒の席なので、飲んだ勢いもあり、借金の事を同級生に話すと肩代りしてくれることになりました。返済はゆっくりで良いと言われたので、安心しました。今回はたまたま運が良かったのだと感じています。これからは地道に返済をしていきたいです。

お勧めサイト

  • 借金返済方法

    効率的に借金を返済する方法や手順、実際に弁護士に依頼して債務整理をした体験談など。